シンポジウム案内:Quarks to Universe in Computational Science(12/13~12/16)


English Page

Symposium:Quarks to Universe in Computational Science (QUCS 2012)

プログラム、スライドはこちら(12/25)

日時:
2012年12月13日(木)~12月16日(日)
場所:
奈良県新公会堂、レセプションホール
主催:
新学術領域研究「素核宇宙融合による計算科学に基づいた重層的物質構造の解明」
計算基礎科学連携拠点、HPCI戦略プログラム分野5「物質と宇宙の起源と構造」
理化学研究所・仁科加速器研究センター
申込
9月21日(金)まで

研究会主旨:

2008年度に発足した、素粒子・原子核・宇宙の分野連携を目指した新学術領域研究「素核宇宙融合による計算科学に基づいた重層的物質構造の解明」(領域代表者・青木慎也、2008年度~2012年度)は、本年度で最終年度を迎えます。

この新学術領域では、大規模数値計算を横糸に、量子色力学に基づく真空構造とクォーク力学、クォーク力学に基づく原子核構造、クォーク力学・原子核構造に基づく爆発的天体現象と元素合成、分野横断アルゴリズムと計算機シミュレーション、の4テーマからなる計画研究および公募研究により、物質の階層を越えた研究領域の形成を行ってきました。

また、2012年秋から京コンピュータが本格稼働することを受けて、計算科学の重点分野を強化するため、文科省HPCI戦略プログラムが発足しています。素粒子・原子核・宇宙分野は、このHPCI戦略プログラムの分野5「物質と宇宙の起源と構造」を計算基礎科学連携拠点が中心となって組織・展開しています。

本シンポジウムでは、新学術領域研究の5年間で得られた成果をまとめるとともに、HPCI戦略プログラムや計算基礎科学連携拠点を通じた今後の計算基礎物理分野の将来について、国内からの招待講演者に海外からの招待講演者を交えて議論します。さらに、理論物理-計算物理-実験物理が相互に連携して発展すべきことに鑑みて、素粒子・原子核・宇宙分野の実験研究者による招待講演も行います。

海外招待講演者と講演テーマ
Z. Fodor (Wuppertal) Computational particle physics
J. Carlson (LANL) Computational nuclear physics
T. Janka (Munich) Computational astrophysics
T. Kennedy (Edinburgh) Computational physics

実験招待講演者と講演テーマ
T.Ijima (Nagoya) Hadron structure
Y. Akiba (RIKEN) Quark-gluon plasma
H. Tamura(Tohoku) Strangeness nuclear physics
H. Sakurai (Tokyo/RIKEN) Nuclear physics at RIBF
K. Makishima (Tokyo/RIKEN) Astrophysics and compact stars

市民講演会「クォークから宇宙まで」
12月15日(土)16:00~18:00に、アウトリーチ活動の一環として、下記の方々による市民講演会をシンポジウム会場において開催します。
益川敏英(名大/京産大):現代社会と科学
小林富雄(東大・素粒子センター):“ヒッグス粒子”の発見と今後の展望

一般講演・ポスター発表
招待講演以外に、一般講演およびポスター発表を行います。シンポジウム参加/一般講演/ポスター発表などを希望される方は、下記に添付した参加申し込み用紙に記入の上、9月21日(金)までに下記のメールアドレスにお送りください。旅費の補助金額の決定、一般講演の選考については、世話人にご一任ください。なお、旅費財源は限られておりますので、研究費をお持ちの方はできるだけそちらを使っていただけますようお願い致します。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

平成24年8月10日
世話人
青木慎也(筑波大)、大野木哲也(大阪大)、初田哲男(理研)、肥山詠美子(理研)、鈴木英之(理科大)、柴田 大(京大基研)、松古栄夫(KEK)

プログラム

Thursday, December 13

09:00-10:00 Registration
10:00-10:20 S. Aoki (Tsukuba) Opening and overview
10:20-10:45 T. Oonogi (Osaka) Particle physics project (A01) report
10:45-11:10 T. Hatsuda (RIKEN) Nuclear physics project (A02) report
11:10-11:35 H. Suzuki (Tokyo Sci.) Astrophysics project (A03) report
11:35-12:00 H. Matsufuru (KEK) Computational physics project (A04) report
12:00-13:30 Lunch
13:30-14:20 T. Janka (MPA) Core-collapse supernovae
14:20-14:50 Y. Sekiguchi (YITP) Numerical Relativity Simulations of NS-NS binary merger
14:50-15:40 T. Kennedy (Edinburgh) Progress of algorithms in lattice gauge simulations
15:40-16:00 K. Ishikawa (Hirosima) Testing SSOR preconditioner for Domainwall/Overlap normal equations
16:00-16:30 Break
16:30-17:00 M. Hayakawa (Nagoya) Numerical approach to QED contribution in the lepton g-2
17:00-17:20 H. Fukaya (Osaka) Pion form factors in the epsilon regime
17:20-17:40 K. Sato (RIKEN) Mean-field calculation including proton-neutron mixing in atomic nuclei –towardproton-neutron pairing–
17:40-18:00 T. Yoshida (Tokyo) Current Status of Massive Star Evolution
18:00-18:20 K. Kiuchi (YITP) Black hole-neutron star merger with neutrino cooling
18:30-20:30 Poster Session

Friday, December 14

09:00-09:50 Z. Fodor (Wuppertal) Computational particle physics
09:50-10:30 Y. Akiba (RIKEN) Quark Gluon Plasma
10:30-11:00 Break
11:00-11:50 J. Carlson (LANL) Computational nuclear physics
11:50-12:30 H. Sakurai (RIKEN/Tokyo) Nuclear physics at RIBF
12:30-14:00 Lunch
14:00-14:40 H. Tamura (Tohoku) Strangeness nuclear physics
14:40-15:10 T. Abe (Tokyo) No-core Monte Carlo shell model towards ab initio nuclear structure
15:10-15:40 T. Doi (RIKEN) Hadron interactions on the lattice
15:40-16:00 H. Togashi (Waseda) Variational Study of a Nuclear Equation of State for Core-Collapse Supernovae
16:00-16:30 Break
16:30-16:50 C. Guido (KEK) Finite temperature study of axial symmetry on the lattice
16:50-17:10 T. Inoue (Nihon) Neutron stars from Lattice QCD
17:10-17:30 S. Ejiri (Niigata) Study of finite density lattice QCD by the histogram method
17:30-17:50 Y. Tsunoda (Tokyo) Study of medium-mass nuclei by large-scale shell model calculations
17:50-18:10 S. Wanajo (NAOJ) r-process: supernovae vs. neutron star mergers
19:30- Banquet

Saturday, December 15

09:00-09:40 K. Makishima (Tokyo/RIKEN) Physics and Astrophysics of Compact Stars
09:40-10:20 T. Iijima (Nagoya) Hadron spectroscopy with a variety of flavors
10:20-10:50 Break
10:50-11:20 T. Yamazaki (Nagoya) Calculation of light nuclei from lattice QCD
11:20-11:50 K. Nagata (Hirosima) Finite density lattice QCD at low temperature
11:50-12:20 Y. Suwa (YITP) Physical Ingredients in Core-Collapse Supernova Explosion Mechanism
12:20-13:50 Lunch
13:50-14:20 S.W. Kim (Osaka) Cosmological solutions in the Lorentzian matrix model
14:20-14:50 S. Motoki (KEK) Common code system for the lattice QCD simulations
14:50-15:20 A. Imakura (Tsukuba) A parameter tuning technique of a weighted Jacobi-type preconditioner and itsapplication to supernova simulations
16:00-18:00 Special Session
16:00-16:50 T. Maskawa 現代社会と科学
17:00-17:50 T. Kobayashi “ヒッグス粒子”の発見と今後の展望

Sunday, December 16

09:00-09:30 J. W. Lee (KEK) Large Nc gauge theory and Chiral Random Matrix Theory
09:30-09:50 N. Yamada (KEK) Exploring many flavor QCD on the lattice
09:50-10:20 M. Kimura (Hokkaido) Modifying and Probing Nuclear Structure by Λ Particle
10:20-10:40 A. Umeya (NIT) Lambda Hypernuclei of He isotope with TOSM + UCOM
10:40-11:10 Break
11:10-11:40 K. Nakazato (Tokyo Sci.) Stellar Core Collapse and Exotic Matter
11:40-12:10 K. Sumiyoshi (Numazu) Numerical modeling of core-collapse supernovae with progress in nuclear physics andsupercomputing
12:10-12:30 A. Mizuta (KEK) Jet Opening angle of gamma-ray burst outflows
12:30-14:00 Lunch
14:00-14:45 Poster Award (3 talks)
Y. Aoki (Nagoya) Exploring for walking technicolor from QCD
K. Sasaki (Tsukuba) Coupled channel approach to
S=-2 baryon-baryon system in lattice QCD
H. Sotani (YITP) Possibility to restrict on neutron star matter by using asteroseismology
14:45-14:55 T. Hatsuda (RIKEN) Closing-Address
15:00 Adjourn

参加申込み

フォーマットに記入の上、下記の申し込み先までご連絡ください。
締め切り:9月21日(金)

氏名:
所属:
身分:
e-mail:
旅費支給:要・不要
出張依頼書:要・不要
要の場合 出張予定:12月 日~ 日

一般講演(15+5分):希望・希望なし
希望の場合:講演タイトル
講演希望者が多い場合は、posterに回される可能性がありますので、予めご了承ください。

ポスター発表:希望・希望なし
希望の場合:タイトル
Poster award を設定しております。Awardに選ばれた方はシンポジウム最終日(12月16日)に10+5分講演をお願いすることになっております。

ホテル予約:要・不要
要の場合 宿泊日程:12月 日(夜)~ 日(朝)
サンホテル奈良を約50部屋予約しております。
一泊6,300円(朝食なし)程度です。予約希望の方は上記に要と記して、宿泊希望日程を記入してください。

バンケットの参加(4,000円程度):有・無

申し込み先
大石麻貴子 高エネルギー加速器研究機構
E-mail:makiko [at] post.kek.jp([at]を@に変えてください)

カテゴリー: 新着情報, 研究会案内   パーマリンク