広報から


計算基礎科学連携拠点は2つのコンセプトのもと、連携拠点の発展と計算科学の推進のため、社会とのより良い関係づくりを目指します。

計算基礎科学連携拠点 広報コンセプト

  • 計算基礎科学の重要性に対する理解度、計算基礎科学連携拠点に対する信頼度を上げる
  • 計算基礎科学と計算基礎科学連携拠点の知名度を上げる

活動方針

  • 連携拠点に関わる研究者の広報・広聴活動を支援する
  • ステークホルダー(利害関係者)への情報提供を行うため、ウエブサイトをはじめとするコンテンツの作成を行う。
  • 情報収集を積極的に行って、連携拠点内部の研究者に還元する仕組みを作る。
  • リスクマネジメントの体制作りを行う。
  • 知名度、理解度、信頼度を測る方法を検討、実施する。

広報担当


吉戸智明 Yoshito Tomoaki
筑波大学計算科学研究センター 主任研究員
専門:科学技術広報