開催案内:Lattice QCD at finite temperature and density(1/20-22)


プログラムを更新しました(1/31)

Lattice QCD at finite temperature and density

研究会について

日時:
2014年1月20日(月)~22日(水)
場所:
高エネルギー加速器研究機構 4号館1階セミナーホール
主催:
計算基礎科学連携拠点(JICFuS)、HPCI戦略プログラム分野5「物質と宇宙の起源と構造」
申込
12月15日(日)まで

プログラムこちらをご覧ください。

研究会主旨

有限温度密度下でのQCDの性質の理解に向けた研究が続けられています。格子QCDはQCDの非摂動的解法として、非閉じ込め相転移の温度や次数の決定、高温QCDの状態方程式の計算等において重要な役割を果たしており、また符号問題に対する手法も発展してきています。

現在も、強結合性などの高温QCDの熱力学的性質、QCD相転移のスケーリング則、QCD臨界点の位置、符号問題に対する方法などが精力的に議論されています。また、RHICにおけるビームエネルギー走査実験に対してどのような計算を行なうかも重要なテーマです。

本研究会では、有限温度密度QCDに関する講演を通してQCD相図研究の現状、および今後の発展に向けた課題を議論します。本研究会は招待講演で構成されていますが、各講演は十分な議論が行なえるようなプログラム構成を予定しております。

興味をお持ちの方、これから有限温度密度格子QCDの研究を始めたいという方は是非議論にご参加下さい。1月20日に懇親会(予算3,000円~4,000円程度)を予定しております。参加を希望される方はこちらからお申し込みください。

世話人

青木慎也、江尻信司、加堂大輔、永田桂太郎、中村純、橋本省二

プログラム

20(Mon)

8:45 – 9:10 Registration
9:10 – 9:15 opening Hashimoto(KEK)
Session 1 chair:Hashimoto
9:15 – 10:30 S. Ejiri (Niigata) “Numerical simulations to understand QCD phase structure at high temperature and density”
10:45 – 12:00 I-O. Stamatescu (Heidelberg) “Approaching finite density QCD using Complex Langevin Simulation”
Session 2 chair : Aoki
13:15 – 14:30 M. Kitazawa (Osaka) “Fluctuations of conserved charges: theory, experiment, and lattice”
14:45 – 16:00 A. Nakamura (Hiroshima) “Towards Understanding QCD Phase Diagram: Lattice and RHIC Experiments”
16:00 – 16:30 break
Session 3 chair : Hanada
16:30 – 17:45 A. Ohnishi (YITP) “Phase diagram and sign problem in lattice QCD at strong coupling”
18:00 – 19:00 K. Nagata (KEK) “Lattice QCD at low temperature and finite density : silver blaze/early onset problem”
19:30 – 21:30 Banquet

21(Tue)

Session 1 chair : Kitazawa
9:00 – 10:15 T. Hatsuda (RIKEN) Dense QCD and Neutron Stars
10:30 – 11:45 T. Umeda (Hiroshima) “QCD thermodynamics from shifted boundary conditions”
Session 2 chair : Stamatescu
13:30 – 14:45 M. Cristoforetti (ECT*) Quantum field theories on the Lefschetz thimble
15:00 – 16:15 Y. Kikukawa (Tokyo) “Hybrid Monte Carlo on Lefschetz Thimbles — A study of the residual sign problem”
16:15 – 16:45 break
16:45 – 18:00 S. Takeda (Kanazawa) “Phase structure of finite density QCD”

22(Wed)

Session 1 chair : Hatsuda
9:00 – 10:15 S. Aoki (YITP) “Chiral symmetry restoration and eigenvalue density of Dirac operator at finite temperature”
10:30 – 11:45 Y. Taniguchi (Tsukuba) “1st or 2nd; the order of finite temperature phase transition of Nf=2 QCD from effective theory”
Session 2 chair : A. Nakamura
13:30 – 14:45 H. Suzuki (Kyushu) “Lattice energy-momentum tensor from the Yang-Mills gradient flow”
15:00 – 16:15 Y. Nakamura (RIKEN AICS) “The critical endpoint of the finite temperature phase transition in three flavor QCD”
16:15 – 16:45 break
16:45 – 18:00 M. Hanada (Kyoto) From Un-importance Sampling to Importance Sampling

参加申込み

参加を希望される方は、参加申込書に必要事項をご記入の上、電子メールにてお申込みください。

締め切り:12月15日(日)
申込み先:大石麻貴子 makiko[at]post.kek.jp([at]を@に変えてください)
高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所理論センター
Tel: 029-879-6089

———————————————-
氏名:
所属:
身分:
e-mail :
参加日程:1月 日~ 1月 日
旅費支給: 希望 不要
旅費補助を希望の場合
出張手続の期間: 1月 日~ 1月 日
懇親会 : 参加 不参加
———————————————-

カテゴリー: 新着情報, 研究会案内   パーマリンク