開催案内:10sor network workshop(5/14)


プログラムを追加しました(5/1)
スライドを掲載しました(5/27)

“10sor network workshop”
— Field 2 x 5 joint workshop on new algorithms for quantum manybody problems —

研究会について

日時:
2015年5月14日(木)10:00~18:30
場所:
東京大学柏の葉キャンパス駅前サテライト
主催:
HPCI戦略プログラム分野2「新物質・エネルギー創成」
HPCI戦略プログラム分野5「物質と宇宙の起源と構造」

参加登録など詳しくは研究会ホームページをご覧ください
http://www.cms-initiative.jp/ja/events/20150514_10sor

研究会主旨:

量子多体系は素粒子、原子核、物性など広い範囲の物理系で現れる普遍的なテーマです。
量子多体系の研究では不符号問題など従来の方法では解析の難しい系があり、その解明に向けて新しい方法の開発が必要とされています。
例えば、テンソルネットワークは量子多体系を解析する方法として近年注目を集めており物性、素粒子、量子化学など幅広い分野への応用が進んでおり、符号問題のある系への応用が期待されています。
本研究会はテンソルネットワークを中心に、物性、素核宇宙分野で共通する話題や新しい方法を分野を越えて活発に議論する事を目的としています。

招待講演者(確定済みの方のみ)

Etsuko Itou (KEK)
“Numerical study on quantum entanglement entropy in 4d SU(3) gauge theories”
Shin Nakamura (Chuo University)
“Application of AdS/CFT Correspondence to Non-equilibrium Physics — Analog Black Holes and Non-equilibrium Steady States —”
Hiroaki Matsueda (Sendai National College of Technology)
“Geometric structure of MERA networks: relation to AdS/CFT correspondence”
Hana Saito (NIC, DESY Zeuthen)
“Tensor network approach for chiral symmetry restoration of 1-flavor Schwinger model at finite temperature”
Shintaro Taksyoshi (NIMS)
“Symmetry protected topological phases in quantum spin systems”
Hiroshi Ueda (Meiji University)
“Matrix product state in symmetry protected topological phases”

世話人一同

青木慎也、大久保毅、川島直輝、永田桂太郎、橋本省二

プログラム

10:00-10:10 Opening —
10:10-10:40 K. Nagata slide
10:40-11:10 T. Okubo slide
11:10-12:00 E. Itou slide
12:00-13:30 Lunch Break
13:30-14:20 H. Matsueda slide
14:20-15:10 S. Nakamura slide
15:10-15:30 Coffee Break
15:30-16:20 H. Saito slide
16:20-17:10 S. Takayoshi slide
17:10-17:30 Coffee Break
17:30-18:20 H. Ueda slide
18:30- Conference Dinner (about 3000 Yen)

カテゴリー: 新着情報, 研究会案内   パーマリンク