カテゴリー別アーカイブ: 新着情報

計算宇宙物理学の進展と将来構想-第25回理論懇シンポジウム

12月22日(土)~24日(月・祝)につくば国際会議場において、第25回理論天文学宇宙物理学懇談会シンポジウム「計算宇宙物理の新展開」が開催されました。年末の連休にもかかわらず、160名もの参加があり、多くの講演やパネル … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報, 研究会報告 | 計算宇宙物理学の進展と将来構想-第25回理論懇シンポジウム はコメントを受け付けていません。

さいたまに天文学者が押し寄せた!-天文・素粒子イベント@さいたま開催報告

日本天文学会2013年春季年会の開催に合わせて行った天文・素粒子イベント@さいたまが幕を閉じました。2日間5イベントの参加者総数は、のべ243名でした。 今回はサッカーや鉄道とのコラボレーションを試みた結果、子どもから大 … 続きを読む

カテゴリー: イベント報告, 新着情報 | さいたまに天文学者が押し寄せた!-天文・素粒子イベント@さいたま開催報告 はコメントを受け付けていません。

プレスリリース:天の川銀河中心の超巨大ブラックホールに2013年夏に最接近し輝きを増すガス雲について

プレスリリース 天の川銀河中心の超巨大ブラックホールに2013年夏に最接近し輝きを増すガス雲について 2013年3月20日 日本天文学会 概要 東京工業大学・斎藤貴之特任准教授らの研究グループは、3次元高分解能コンピュー … 続きを読む

カテゴリー: プレスリリース, 新着情報 | プレスリリース:天の川銀河中心の超巨大ブラックホールに2013年夏に最接近し輝きを増すガス雲について はコメントを受け付けていません。

素粒子理論研究の新たな潮流-ワークショップ“Toward Extra-dimensions on the Lattice”

2013年3月13日(水)~15日(金)、大阪大学大学院理学研究科にてワークショップ “Toward Extra-dimensions on the Lattice, on the 30th anniversary of … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報, 研究会報告 | 素粒子理論研究の新たな潮流-ワークショップ“Toward Extra-dimensions on the Lattice” はコメントを受け付けていません。

原子核の状態方程式解明の道筋をつける

2013年1月4日(金)~31日(木)まで、「原子核の状態方程式」、「ハイペロン」をキーワードに国際モレキュール型研究会が行われました。国内外の研究者50人以上が京都大学基礎物理学研究所に滞在し、1日に1回程度、お互いの … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報, 研究会報告 | 原子核の状態方程式解明の道筋をつける はコメントを受け付けていません。

異分野間の議論が深まる-量子多体問題に関する国際ワークショップ

2013年2月12日(火)~16日(土)の5日間、理化学研究所にて国際ワークショップ“Computational approaches to nuclear many-body problems and related … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報, 研究会報告 | 異分野間の議論が深まる-量子多体問題に関する国際ワークショップ はコメントを受け付けていません。

「京」による成果が出始める-HPCI戦略プログラム分野5シンポジウム

2013年3月5日(火)~6日(水)に富士ソフトアキバプラザにて、HPCI戦略プログラム分野5「物質と宇宙の起源と構造」全体シンポジウムが開かれました。社会に向けて戦略分野5の研究成果を発信するシンポジウムで、毎年3月に … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報, 研究会報告 | 「京」による成果が出始める-HPCI戦略プログラム分野5シンポジウム はコメントを受け付けていません。

プレスリリース:分子性固体(EDO-TTF)2PF6の光誘起相転移のメカニズムを理論によって解明

KEKプレスリリースより転載 分子性固体(EDO-TTF)2PF6の光誘起相転移のメカニズムを理論によって解明 〜光が当たった物質の変化がスパコンによって計算可能に〜 平成25年3月12日 大学共同利用機関法人 高エネル … 続きを読む

カテゴリー: プレスリリース, 新着情報 | プレスリリース:分子性固体(EDO-TTF)2PF6の光誘起相転移のメカニズムを理論によって解明 はコメントを受け付けていません。

どのハイパー核を生成するべきか-滞在型研究会“Hypernuclear physics with Electromagnetic Probes”

2013年2月22日(金)、25日(月)~28日(木)の計5日間、理化学研究所研究本館にて滞在型研究会 “Hypernuclear physics with Electromagnetic Probes”が開かれました。 … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報, 研究会報告 | どのハイパー核を生成するべきか-滞在型研究会“Hypernuclear physics with Electromagnetic Probes” はコメントを受け付けていません。

知恵を持ち寄り議論する-宇宙磁気流体・プラズマシミュレーションワークショップ

2013年2月18日(月)~19日(火)に、千葉大学理学部にて宇宙磁気流体・プラズマシミュレーションワークショップが開かれました。ときおり雪が舞うなか2日間にわたり、招待講演8名を含む15名の講演があり、活発な議論がされ … 続きを読む

カテゴリー: 新着情報, 研究会報告 | 知恵を持ち寄り議論する-宇宙磁気流体・プラズマシミュレーションワークショップ はコメントを受け付けていません。