大規模殻模型計算でニュートリノの謎に迫る


2014.12.1 東京大学大学院理学系研究科附属原子核科学研究センター 岩田 順敬 特任助教

岩田順敬ニュートリノの性質を明らかにすることは、宇宙や星の成り立ちの解明につながります。「究極の目標は、われわれの世界はどうできているのかを明らかにすること」と話すのは東京大学大学院理学系研究科附属原子核科学研究センター特任助教の岩田順敬(いわた・よりたか)さんです。岩田さんは、殻模型※1という原子核の構造を記述するモデルを使って、ニュートリノの謎を解く鍵となる「原子核の二重ベータ崩壊」の過程を計算で明らかにしようとしています。

» 続きを読む

カテゴリー: ピックアップ, 月刊JICFuS   パーマリンク