カテゴリー別アーカイブ: 月刊JICFuS

「HAL QCD法」による核力研究の正しさを証明

2粒子間の核力を数値計算するため開発された「HAL QCD法」  原子核は陽子と中性子でできています。さらに、陽子や中性子はクォークでできています。クォークには、質量が小さい順に、アップ、ダウン、ストレンジ、チャーム、ボ … 続きを読む

カテゴリー: ピックアップ, ピックアップTOP表示, 月刊JICFuS | 「HAL QCD法」による核力研究の正しさを証明 はコメントを受け付けていません。

殻模型の可能性を広げるKSHELL―原子核の未知に挑む大規模計算

原子の構造は「陽子と中性子からなる原子核の周りを電子がまわっている」と中学で習います。しかし、「原子核の構造にはわからないことがまだまだ残されています」と東京大学理学系研究科 附属原子核科学研究センター特任准教授の清水則 … 続きを読む

カテゴリー: ピックアップ, ピックアップTOP表示, 月刊JICFuS | 殻模型の可能性を広げるKSHELL―原子核の未知に挑む大規模計算 はコメントを受け付けていません。

ボルツマン輻射流体計算コードを駆使して、 超新星爆発の真実に迫れ

重い星が最期を迎える時に起こす“超新星爆発”は、興味深い天体現象として、そのプロセスを明らかにする研究が行われています。スーパーコンピュータ「京」を使って進められている重点課題9のサブ課題Bでも、2つのグループが超新星爆 … 続きを読む

カテゴリー: ピックアップ, ピックアップTOP表示, 月刊JICFuS | ボルツマン輻射流体計算コードを駆使して、 超新星爆発の真実に迫れ はコメントを受け付けていません。

Getting to the Bottom of Matter

2018.6.27 高エネルギー加速器研究機構 Brian Colquhoun 研究員 技術の発展によりスーパーコンピュータを用いて自然現象をシミュレーションし、実験と照らし合わせて理論を評価することができるようになりま … 続きを読む

カテゴリー: ピックアップ, 月刊JICFuS | Getting to the Bottom of Matter はコメントを受け付けていません。

H ダイバリオンは存在するのか

格子 QCD と「京」で近似に頼らないシミュレーションを実行 陽子や中性子は3つのクォークにより構成されます。その2倍の6つのクォーク[uuddss]からなるHダイバリオンという粒子が存在する可能性がある―1977年にロ … 続きを読む

カテゴリー: ピックアップ, ピックアップTOP表示, 月刊JICFuS | H ダイバリオンは存在するのか はコメントを受け付けていません。

高速プログラムを開発してフェルミ粒子の物理に挑む

クォーク同士の相互作用のシミュレーション まずはおさらいから始めましょう。原子は原子核と電子でできています。原子核は陽子と中性子で構成されており、陽子と中性子はクォークと呼ばれる基本粒子で構成されていることが知られていま … 続きを読む

カテゴリー: ピックアップ, ピックアップTOP表示, 月刊JICFuS | 高速プログラムを開発してフェルミ粒子の物理に挑む はコメントを受け付けていません。

ダークマターシミュレーションを足がかりに宇宙創成の謎に迫る

宇宙はどうして今のような姿になったのか…。シンプルでありながら未だに解決できないこの難問に対して、多くの研究者がそれぞれの方法で挑んでいます。千葉大学統合情報センターの石山智明(いしやま・ともあき)准教授は、そんな研究者 … 続きを読む

カテゴリー: ピックアップ, ピックアップTOP表示, 月刊JICFuS | ダークマターシミュレーションを足がかりに宇宙創成の謎に迫る はコメントを受け付けていません。

原子核の基本的な性質を核力に基づいて解き明かす

陽子や中性子からなる原子核は、物質の基本要素として重要です。しかし、原子核を形作る基本的な力「核力」には未知な点が多く、原子核の本質的な理解を妨げています。東京大学大学院理学系研究科の宮城宇志(みやぎ・たかゆき)さんは、 … 続きを読む

カテゴリー: ピックアップ, ピックアップTOP表示, 月刊JICFuS | 原子核の基本的な性質を核力に基づいて解き明かす はコメントを受け付けていません。

ポスト京で「万物の理論」に迫る-格子計算から超弦理論の物理へ

素粒子の世界は、普段我々が目にする日常とはまったく異なっており、粒子の運動を解き明かすのに特殊な方法を用います。それが「格子化」です。本来、連続的に動いている素粒子を立体的な格子の中に閉じ込め、その振る舞いを数値的に研究 … 続きを読む

カテゴリー: ピックアップ, ピックアップTOP表示, 月刊JICFuS | ポスト京で「万物の理論」に迫る-格子計算から超弦理論の物理へ はコメントを受け付けていません。

原子核の変形を計算で探る

原子核というと球形を想像し、実際に多くの原子核は球形です。ところが、ある種の原子核はミカンやラグビーボールのような楕円体などの形をとることがあります。東京大学大学院理学系研究科特任研究員の角田佑介(つのだ・ゆうすけ)さん … 続きを読む

カテゴリー: ピックアップ, ピックアップTOP表示, 月刊JICFuS | 原子核の変形を計算で探る はコメントを受け付けていません。
1 2 3 4