カテゴリー別アーカイブ: 月刊JICFuS

原子核の基本的な性質を核力に基づいて解き明かす

陽子や中性子からなる原子核は、物質の基本要素として重要です。しかし、原子核を形作る基本的な力「核力」には未知な点が多く、原子核の本質的な理解を妨げています。東京大学大学院理学系研究科の宮城宇志(みやぎ・たかゆき)さんは、 … 続きを読む

カテゴリー: ピックアップ, ピックアップTOP表示, 月刊JICFuS | 原子核の基本的な性質を核力に基づいて解き明かす はコメントを受け付けていません。

ポスト京で「万物の理論」に迫る-格子計算から超弦理論の物理へ

素粒子の世界は、普段我々が目にする日常とはまったく異なっており、粒子の運動を解き明かすのに特殊な方法を用います。それが「格子化」です。本来、連続的に動いている素粒子を立体的な格子の中に閉じ込め、その振る舞いを数値的に研究 … 続きを読む

カテゴリー: ピックアップ, ピックアップTOP表示, 月刊JICFuS | ポスト京で「万物の理論」に迫る-格子計算から超弦理論の物理へ はコメントを受け付けていません。

原子核の変形を計算で探る

原子核というと球形を想像し、実際に多くの原子核は球形です。ところが、ある種の原子核はミカンやラグビーボールのような楕円体などの形をとることがあります。東京大学大学院理学系研究科特任研究員の角田佑介(つのだ・ゆうすけ)さん … 続きを読む

カテゴリー: ピックアップ, ピックアップTOP表示, 月刊JICFuS | 原子核の変形を計算で探る はコメントを受け付けていません。

星の最期は内部構造がカギを握る-超新星爆発が起こる理由は質量の大きさだけではない

夜空に突然現れるひときわ明るい星「超新星」。星が最期に起こす爆発現象です。これまで、超新星爆発を起こすのは太陽質量の10倍以上の重い星、つまり質量(だけ)が大事だと考えられてきました。しかし、実際はそう単純ではないようで … 続きを読む

カテゴリー: ピックアップ, ピックアップTOP表示, 月刊JICFuS | 星の最期は内部構造がカギを握る-超新星爆発が起こる理由は質量の大きさだけではない はコメントを受け付けていません。

宇宙の大規模構造の謎に迫る-「宇宙論的ブラソフシミュレーション」の高次精度化に挑戦

宇宙はなぜ泡のような構造をしているのか 宇宙は約138億年前に起こったビッグバンにより誕生したと考えられています。そして現在、宇宙は数千億個ともいわれる銀河が集まった「銀河フィラメント」※1と呼ばれる領域と、銀河がほとん … 続きを読む

カテゴリー: ピックアップ, 月刊JICFuS | 宇宙の大規模構造の謎に迫る-「宇宙論的ブラソフシミュレーション」の高次精度化に挑戦 はコメントを受け付けていません。

大規模シミュレーションで核変換反応を明らかにする

2016.1.18 東京大学 富樫 智章 特任助教 核変換とは、原子核を別種の原子核に変えることです。核変換には放射性廃棄物処理を始めとして、様々な応用が考えられますが、核変換をどのような方法で実現できるかは研究途上です … 続きを読む

カテゴリー: ピックアップ, 月刊JICFuS | 大規模シミュレーションで核変換反応を明らかにする はコメントを受け付けていません。

宇宙の成り立ちの解明につながるブラックホールの謎に迫る

2015.12.24 国立天文台 川島 朋尚 特任研究員 1916年、ドイツの天体物理学者カール・シュバルツシルトは、アインシュタインの一般相対性理論の方程式から、世界で初めて「ブラックホール」という天体の存在を導き出し … 続きを読む

カテゴリー: ピックアップ, 月刊JICFuS | 宇宙の成り立ちの解明につながるブラックホールの謎に迫る はコメントを受け付けていません。

太陽物理学最古の謎「黒点の11年周期変動」の答えを探して

2015.9.2 千葉大学大学院理学研究科 堀田 英之 特任助教 太陽表面に現れる「黒点」。周りより温度が低く、強い磁場に満たされた場所です。黒点の数は太陽の活動状況によって増えたり減ったりしており、それは11年の周期で … 続きを読む

カテゴリー: ピックアップ, 月刊JICFuS | 太陽物理学最古の謎「黒点の11年周期変動」の答えを探して はコメントを受け付けていません。

チャームクォークの未知に迫る―格子QCD大規模シミュレーション

2015.8.1 筑波大学 滑川 裕介 研究員 たった1枚のグラフを描くために、スーパーコンピュータをもってしても1年かかる。そんな大変な研究を行う筑波大学計算科学研究センター研究員の滑川裕介(なめかわ・ゆうすけ)さん。 … 続きを読む

カテゴリー: ピックアップ, 月刊JICFuS | チャームクォークの未知に迫る―格子QCD大規模シミュレーション はコメントを受け付けていません。

原子核の密度が10倍以上になる?-「反K中間子原子核」の研究

2015.7.6 理化学研究所仁科加速器研究センター 池田 陽一 特別研究員 宇宙には、中性子星など「コンパクト星」と呼ばれる天体が存在していることがわかっています。これは、通常の恒星に比べて密度が異常に高く、同じ質量で … 続きを読む

カテゴリー: ピックアップ, 月刊JICFuS | 原子核の密度が10倍以上になる?-「反K中間子原子核」の研究 はコメントを受け付けていません。
1 2 3