アインシュタインが出した宿題を解く -ブラックホール研究の先にある物理


2013.11.1 京都大学 関口 雄一郎 特任助教

sekiguchi光さえも吸い込んでしまうため真っ暗に見えるブラックホール。「吸い込むだけでなく、ブラックホール誕生初期には、とてつもないものを出しているんです」と京都大学の関口 雄一郎(せきぐち・ゆういちろう)特任助教は言います。ブラックホールができる過程をシミュレーションしている関口さんがその研究の先に見据えているのは、「およそ100年前にアインシュタインが出した宿題」とのこと。時空を超えた物理研究のお話を伺いました。

» 続きを読む

カテゴリー: ピックアップ, 月刊JICFuS   パーマリンク