格子QCDシミュレーションで核力の謎に迫る


2014.9.3 理化学研究所仁科加速器研究センター 土井琢身 研究員

Doi

物質を構成する最小単位である素粒子の一種「クォーク」、そこに働く「強い力」。スー­パーコンピュータを使った「格子QCD」という計算手法によって、それらの性質を知る­ことができます。
QCDは量子色力学(Quantum chromodynamics)とよばれる理論です。たった一つのシンプルな方程式に­より、クォークから陽子や中性子、原子核におよぶ物理の統一的な理解を可能にします。
理化学研究所仁科加速器研究センターの土井琢身研究員は、高エネルギー加速器研究機構­のBlue Gene/Qや筑波大学計算科学研究センターのHA-PACSといったスーパーコンピ­ュータを使い、クォークと強い力の謎に迫ります。

音楽:「ドロワー」吉岡亜由美
演出・製作:樋口喜昭、南口雄一
撮影協力:理化学研究所仁科加速器研究センター、高エネルギー加速器研究機構、筑波大学計算科学研究センター

MovieFrame YouTube

カテゴリー: ピックアップ, 月刊JICFuSムービー   パーマリンク