重力波観測時代のrプロセスと不安定核(6/20-22)


重力波観測時代のrプロセスと不安定核

開催趣旨

2017年8月、連星中性子星合体による重力波(GW170817)が史上初めて観測された。同時に、rプロセスを起源とする電磁波対応天体「キロノヴァ/マクロノヴァ」も発見され、世界中の望遠鏡や観測衛星によって同時観測が行われた。これにより、我々は、rプロセスによる中性子過剰核の生成と崩壊を探る新たな観測手段を得たことになる。
本会議では、「中性子星合体におけるrプロセス」を主題に、関連する天文・天体物理と原子核物理の幅広い分野の専門家を集め、rプロセス研究の現状を確認することを目的にする。さらに、近い将来に重力波検装置を中心に展開されるマルチメッセンジャー天文学の時代において、rプロセスや中性子星の物理の理解のために求められるこれからの不安定核研究の方向性を模索する。

日時:
2018年6月20日(水)~ 22日(水)
場所:
理化学研究所(和光キャンパス)RIBF棟2階大会議室
主催:
理研RIBF理論研究推進会議、理研仁科センターRIBF研究部門、ポスト「京」重点課題9「宇宙の基本法則と進化の解明」
ウェブ:
研究会「重力波観測時代のrプロセスと不安定核」

参加申込み

参加申込フォームに必要事項を入力ください。講演申し込みは6月1日(金)まで。

世話人:阿部 喬(東大CNS)、上坂 友洋(理研)、上野 秀樹(理研)、櫻井 博儀(理研)、関口 雄一郎(東邦大)、中里 健一郎(九大)、西村 信哉(京大)、吉田 賢市(京大)

カテゴリー: 新着情報, 研究会案内, 重点課題⑨   パーマリンク