磁気流体シミュレーションコードの空間解像度を部分的に挙げるために非一様格子を導入する


HPCI戦略プログラム分野5では素粒子・原子核・宇宙分野の研究者、計算機科学の研究者らからなるユーザー支援チームを組織し、分野内の情報共有、計算の並列化や最適化に関するユーザーへのアドバイス、ユーザー支援を行なっています。最新のユーザー支援事例報告をご紹介いたします。

計算の概略 磁気流体シミュレーションコードの空間解像度を部分的に挙げるために非一様格子を導入する
使用言語 FORTRAN
問題 2013年の千葉大学の磁気流体シミュレーションサマースクールで作成したHLLD法によるMHDコードへの、非一様メッシュの導入に伴う諸問題。
解決法、参考情報 詳しくはこちらをご覧ください(PDF)

コメントや質問がありましたら、 jicfus-support-at-ccs.tsukuba.ac.jp (-at-を@にして下さい)までお送りください。

カテゴリー: 分野5ユーザー支援情報   パーマリンク