新学術領域「素核宇宙融合」×「新ハドロン」クロスオーバー研究会 6/23-24開催


新学術領域「素核宇宙融合」×「新ハドロン」クロスオーバー研究会

-多様な手法でせまるハドロン物理への挑戦-

日時:6月23日(木)~24日(金)
場所:理化学研究所 計算科学研究機構1階セミナー室
主催:新学術領域 「計算科学による素粒子・原子核・宇宙の融合」、新学術領域 「多彩なフレーバーで探る新しいハドロン存在形態の包括的研究」、HPCI戦略プログラム分野5「物質と宇宙の起源と構造」

開催趣旨

現在、互いに関係の深い新学術領域研究「素核宇宙融合」と「新ハドロン」とが進行しています。それぞれの領域研究ではハドロンという共通の対象に対して、QCDの基本原理と現象論などに基づき、低エネルギーの非摂動領域から短距離の摂動領域まで様々なスケールでの研究が進められています。さらなる検証と新たな展開は、実験研究との連携なくしてはありえません。本研究会では、それぞれの分野の研究者が計算科学研究機構(AICS)に会し、ハドロンの実態にせまる現状を報告しながら、今後の進展と共同研究の手がかりを議論することを目標とします。個々の研究で重要と思える結果、その中で足りないものなどを出し合うことで、この目標に迫りたいと思います。関心をお持ちの方にはぜひ議論の場にご参加いただけることを期待します。

講演申込み、参加申込み、プログラムなどはこちらをご覧ください。

カテゴリー: 新着情報, 研究会案内   パーマリンク