流束制限拡散近似を用いた輻射輸送方程式(線形拡散方程式+非線形方程式)を陰的に解く


HPCI戦略プログラム分野5では素粒子・原子核・宇宙分野の研究者、計算機科学の研究者らからなるユーザー支援チームを組織し、分野内の情報共有、計算の並列化や最適化に関するユーザーへのアドバイス、ユーザー支援を行なっています。最新のユーザー支援事例報告をご紹介いたします。

計算の概略 流束制限拡散近似を用いた輻射輸送方程式(線形拡散方程式+非線形方程式)を陰的に解く。
ニュートン・ラプソン法とマルチグリッド法(スムーザ=SOR 法)を用いている。
使用言語 FORTRAN
問題 MPI を用いて領域分割で並列化しているが、並列効率が悪いので、問題点を特定の上、改良したい。
解決法、参考情報 詳しくはこちらをご覧ください(PDF)

コメントや質問がありましたら、 jicfus-support-at-ccs.tsukuba.ac.jp (-at-を@にして下さい)までお送りください。

カテゴリー: 分野5ユーザー支援情報   パーマリンク