メインプログラムからの MPI サブルーチンの呼び出し、行列積に関する MPI 化について


HPCI戦略プログラム分野5では素粒子・原子核・宇宙分野の研究者、計算機科学の研究者らからなるユーザー支援チームを組織し、分野内の情報共有、計算の並列化や最適化に関するユーザーへのアドバイス、ユーザー支援を行なっています。最新のユーザー支援事例報告をご紹介いたします。

計算の概略 メインプログラムからの MPI サブルーチンの呼び出し、行列積に関する MPI 化について
使用言語 FORTRAN
問題 bosonic BFSS 行列模型のコードで、MPI を用いないシリアルなコードからMPI を用いて並列化することを目指している。この際、行列の積A*B=C 演算部分が計算時間の大半を占めるため、この部分を並列化することを目指す。しかしながらそのMPI 化した行列積演算部分をサブルーチンとしてメインプログラムから呼び出そうと試行錯誤したがうまくいかない。MPI 版を正しく動作するようにしたい。
解決法、参考情報 詳しくはこちらをご覧ください(PDF)

コメントや質問がありましたら、 jicfus-support-at-ccs.tsukuba.ac.jp (-at-を@にして下さい)までお送りください。

カテゴリー: 分野5ユーザー支援情報   パーマリンク