開催案内:コンパクト連星合体からの重力波・電磁波放射とその周辺領域(2/12-14)


プログラムを追加しました(1/27)

コンパクト連星合体からの重力波・電磁波放射とその周辺領域

研究会について

日時:
2015年02月12日(木)~14日(土)
場所:
京都大学基礎物理学研究所 湯川記念館パナソニックホール
共催:
HPCI戦略プログラム分野5「物質と宇宙の起源と構造」
基盤研究(A)「数値相対論による重力波源の研究」
新学術領域研究「重力波天体の多様な観測による宇宙物理学の新展開」 計画研究A05「理論的研究」
申込
12月15日(月)(旅費補助あり)
1月9日(金)(旅費補助なし)
web:
http://www2.yukawa.kyoto-u.ac.jp/~yuichiro.sekiguchi/EM2014/EM2014.html

プログラムこちらをご覧ください。

研究会主旨:

連星中性子星やブラックホール・中性子星連星の合体(コンパクト天体連星合体)はもっとも有望な重力波源であり、2016年頃からの運用開始が予定されている第2世代の重力波検出器(advanced LIGO、advanced VIRGO、KAGRA)によって、重力波が直接検出されることが期待されている。重力波信号は極めて微弱であるため、検出の信頼度及び効率を高めるために、重力波に付随する電磁波対応天体を同時観測することが求められている。

しかし、どのような電磁波放射が付随する可能性があり、それをどのようにして観測するのかに関する研究は未だ萌芽的であり、今後推進して行くべき重要課題である。連星合体において期待される電磁波放射現象は、超新星爆発をはじめとする高エネルギー天体現象における放射現象と類似する点も見られるため、両分野の研究者が協力して研究をすすめるべき課題も多いが、その連携はこれまでのところ十分とは言えない。

さらに、コンパクト天体連星合体は、鉄よりも重い、金やウランなどの重元素の起源としても注目を集めている。これは、従来主要サイトと考えられていた超新星爆発ではr過程が効率的に進行しないことが近年の研究によって示唆されているためである。連星合体におけるr過程元素合成の詳細を明らかにすることは、元素の起源のみならず、重力波の電磁波対応天体の観点からも重要である。

これらに鑑み、本研究会ではコンパクト天体連星合体を軸として、幅広い分野(連星合体計算、γ線バースト、超新星爆発、r過程元素合成計算、銀河の化学進化、金属欠乏星の観測、突発天体の光学/近赤外観測、X・ガンマ線観測、重力波観測)から研究者を集め、これまでの成果を紹介・整理し、数年後に迫った重力波観測と電磁波観測の共同研究体制の構築に向けた議論を行う。

そのために、下記に列挙するように各分野の最前線の研究者による招待講演を計画しており、これらの招待講演を中心として、幅広い周辺分野からの一般講演を募集する。

中性子星連星合体 関口雄一郎(基研)
BH・中性子星連星合体 木内建太(基研)
γ線バースト 井岡邦仁(KEK)
超新星爆発 前田啓一(京大)
r過程元素合成 和南城伸也(理化学研究所)
金属欠乏星観測 青木和光(国立天文台)
銀河の化学進化 石丸友里(国際基督教大学)
重力波観測 安東正樹(東京大)
突発天体観測 田中雅臣(国立天文台)
X・ガンマ線観測 河合誠之(東工大)

世話人

関口雄一郎 (京都大学)、柴田大 (京都大学)、田中貴浩(京都大学)、中村卓史(京都大学)、田中雅臣(国立天文台)、井岡邦仁(KEK)、和南城伸也 (理化学研究所)

問合せ先

関口雄一郎
京都大学基礎物理学研究所
メール: sekig’*’yukawa.kyoto-u.ac.jp(’*’を@に変えてください)

プログラム

2月12日

13:00-13:50 関口雄一郎 「招待講演:連星中性子星合体」
13:50-14:10 藤林翔 「極超新星でのニュートリノ駆動風におけるr-processとweak r star組成」
14:10-14:30 藤本信一郎 「高速回転大質量星の磁気駆動型超新星爆発におけるr-process元素合成」
14:30-15:00 休憩
15:00-15:50 前田啓一 「招待講演:超新星爆発」
15:50-16:10 吉田敬 「超新星爆発に至る軽いCOコアの進化」
16:10-16:30 櫻井裕也 「初期宇宙における超大質量星形成:バースト降着のもとでの星の進化」
16:30-16:40 10-min discussion (前田)
16:40-17:10 休憩
17:10-18:00 木内建太 「招待講演:ブラックホール−中性子星連星合体」
18:00-18:20 川口恭平 「ブラックホール中性子星連星合体のスピンの傾きに対する依存性」
18:20-18:40 衣川智弥 「初代星起源連星ブラックホール合体による重力波の観測可能性」

2月13日

09:30-10:20 和南城伸也 「招待講演;r-process 元素合成」
10:20-10:40 平居悠 「連星中性子星合体による銀河のrプロセス元素分布」
10:40-10:50 10-min discussion (和南城)
10:50-11:20 休憩
11:20-12:10 石丸友里 「招待講演:銀河の化学進化」
12:10-12:30 辻本拓司 「r過程中性子星合体説を示唆する銀河の化学進化」
12:30-14:00 昼休憩
14:00-14:50 青木和光 「招待講演:金属欠乏性の観測」
14:50-15:40 田中雅臣 「招待講演:突発天体観測」
15:40-15:50 10-min discussion (石丸 TBC)
15:50-16:20 休憩
16:20-17:10 河合誠之 「招待講演:X・γ線観測」
17:10-17:30 本原顕太郎 「東京大学における突発天体の光赤外フォローアップ体制」
17:30-17:50 岩崎愛一 「Fast Radio Bursts and Axion Stars」
17:50-18:10 伊藤裕貴 「Photospheric emission model of GRB」
18:10-18:20 10-min discussion (青木)
18:50- 懇親会

2月14日

09:30-10:30 木坂将大 「招待講演:ガンマ線バースト」
10:30-11:30 安東正樹 「招待講演:重力波観測」
11:30-11:50 藤田龍一 「ブラックホール時空における軌道の断熱的発展」
11:50-12:10 雁野重之 「コンパクト星連星形成過程における共通外層進化の取り扱い」

参加申込み

参加を希望される方は、参加申込書に必要事項をご記入の上、電子メールにてお申込みください。
尚、発表枠・旅費補助予算には限りがありますので、 ご希望に添えない場合はご容赦ください。

締め切り:12月15日(月)(旅費補助あり)、1月 9日(金)(旅費補助なし)
申込み先:京都大学基礎物理学研究所  関口雄一郎
Email:sekig’*’yukawa.kyoto-u.ac.jp (’*’を@に変えてください)

===== 申込みフォーム ===================
1. 氏名 :
2. 所属 :
3. 職/学年 :
4. メールアドレス:
5. 旅費補助 : 依頼する、依頼しない
6. 懇親会 2/13 : 参加する、参加しない
7. 講演希望 : 有、無(口頭のみ)
8. 講演タイトル :
9. 講演内容(200字程度):
=======================================

カテゴリー: 新着情報, 研究会案内   パーマリンク