開催案内:宇宙磁気流体・プラズマシミュレーションサマースクール(8/4-8)


宇宙磁気流体・プラズマシミュレーションサマースクール

研究会について

日時:
2014年8月4日(月)~ 8月8日(金)
場所:
千葉大学西千葉キャンパス 統合情報センター 電算実習室2、総合校舎A号館
主催:
HPCI戦略プログラム分野5「物質と宇宙の起源と構造」
千葉大学大学院理学研究科附属ハドロン宇宙国際研究センター
参加資格:
大学院生以上。定員50名。
申込
7月11日(金)まで。参加料無料。
web:
http://www.astro.phys.s.chiba-u.ac.jp/hpci/ss2014/

プログラムこちらをご覧ください。

開催主旨:

物質の噴出やX線・ガンマ線放射、激しい時間変動などを伴う天体活動現象では電離物質と磁場、さらに輻射との相互作用が重要な役割を担います。

私たちのグループではHPCI戦略プログラム分野5「物質と宇宙の起源と構造」の支援を受けて、磁気流体(MHD)モデルに基づく高次精度MHDシミュレーションコードパッケージ CANS+、電磁粒子モデルに基づくプラズマ粒子シミュレータ pCANSの開発を進め、それらをWebページ上で公開して初心者でも気軽にシミュレーションを実施できる環境を整備してきました。

これらを教材として、シミュレーション初心者向けの宇宙磁気流体とプラズマシミュレーションのサマースクールを開催します。このサマースクールでは宇宙磁気流体とプラズマシミュレーションの基礎についての講義とCANS+、pCANSを用いたシミュレーション実習を行います。

講義・演習内容:

・差分法の基礎についての講義
・近似リーマン解法に基づくMHD方程式の数値解法についての講義
・MHDシミュレーションの多次元化と高次精度化についての講義
・PIC(particle-in-cell)法に基づく電磁プラズマ粒子シミュレーションについての講義
・【演習コース1】CANS+(MHDシミュレーションコード)を使った演習
・【演習コース2】pCANS(PICシミュレーションコード)を使った演習

講師:

三好隆博(広島大学)、簑島 敬(海洋研究開発機構)、高橋博之(国立天文台)、加藤恒彦(広島大学)、銭谷誠司(国立天文台)、工藤哲洋(国立天文台)、町田真美(九州大学)、川島朋尚(国立天文台)、松本仁(理研)、松元亮治(千葉大学)、松本洋介(千葉大学)他

世話人と連絡先:

松元亮治、松本洋介(千葉大学)
ss2014loc[AT]astro.s.chiba-u.ac.jp ※[AT]は、@に置き換えてください。

プログラム

8月4日(月)

12:30 – 13:00 受付 統合情報センター
1階ロビー
13:00 – 13:10 はじめに 松元亮治(千葉大学) 電算実習室2
13:10 – 14:00 差分法の基礎 松元亮治(千葉大学) 電算実習室2
14:00 – 15:30 近似リーマン解法による磁気流体方程式の差分解法 三好隆博(広島大学) 電算実習室2
15:45 – 16:30 演習室の使い方 松本洋介(千葉大学) 電算実習室2
16:30 – 17:30 実習 電算実習室2
18:00 – 20:00 懇親会

8月5日(火)

9:30 – 10:20 MHDシミュレーションの多次元化・高次精度化 簑島 敬(JAMSTEC) 電算実習室2
10:20 – 11:10 PICシミュレーションの基礎 松本洋介(千葉大学) 電算実習室2
11:10 – 12:00 実習 電算実習室2
12:00 – 13:30 昼食・休憩
13:30 – 17:30 実習 電算実習室2

8月6日(水)

9:30 – 12:00 実習 電算実習室2
12:00 – 13:30 昼食・休憩
13:30 – 17:30 実習 電算実習室2

8月7日(木)

9:30 – 12:00 実習 電算実習室2
12:00 – 13:30 昼食・休憩
13:30 – 17:30 実習 電算実習室2

8月8日(金)

9:30 – 12:00 実習 情報処理演習室2
(総合校舎A号館)
12:00 – 13:30 昼食・休憩
13:30 – 15:30 発表会 情報処理演習室2
(総合校舎A号館)
16:00 解散

参加申込み

宇宙磁気流体・プラズマシミュレーションサマースクール ウエブサイトの参加申込フォーム(左メニュー)に必要事項をご入力ください。締め切りは7月11日(金)です。

講師、演習補助者以外の旅費補助は予定していません。宿泊先リスト を御参照の上、各自で御予約ください。

多数のご参加をお待ちしています。

カテゴリー: スクール案内, 新着情報   パーマリンク