ニュースリリース:スーパーコンピュータ「京」を用いた計算で超新星爆発のニュートリノ加熱説が有望に


国立天文台ウエブリリースより転載

スーパーコンピュータ「京」を用いた計算で超新星爆発のニュートリノ加熱説が有望に

概要

国立天文台の滝脇知也(たきわき ともや)特任助教、福岡大学の固武慶准教授、京都大学の諏訪雄大特定准教授らの研究チームは、スーパーコンピュータ「京」を用いて超新星爆発の大規模数値シミュレーションを行い、超新星爆発がニュートリノ加熱によって起こる可能性を示しました。
超新星がどのようなメカニズムで爆発するのかは、複雑な高エネルギー現象が絡みあうため、天文学者が50年も頭を悩ませている難問です。ニュートリノ加熱説は有力ではありましたが、これまでは星の形状を完全な球と仮定するなど、現実の超新星爆発とは異なる設定のシミュレーションしか行えなかったため、それが正しいかどうかの議論を進める事ができませんでした。
今回、スーパーコンピュータ「京」を用いることで、かつてないほどの大規模なシミュレーションが可能になりました。そのため、より現実に近い設定で超新星爆発の計算を行うことができるようになったのです。その結果、自然な仮定の下に超新星が爆発する初めての例を得ることができました。これはニュートリノ加熱説を支持する強力な証拠と言えます。

▲シミュレーションを元に描いた超新星爆発のイメージ図。恒星の重力崩壊によって中心部には中性子星が形成される。その中性子星から放射されるニュートリノが爆発のエネルギーとなる。中性子星の周りで起こる対流により星の構造が非対称になることで、さらに爆発が促進される。(クレジット:国立天文台)

この成果は4月18日、国際論文誌「The Astrophysical Journal」に掲載されました。
詳しくは国立天文台のウエブリリースをご覧ください。
http://www.cfca.nao.ac.jp/pr/20140418

また、福岡大学、京都大学よりプレスリリースされました。
福岡大学によるプレスリリース

カテゴリー: プレスリリース, 新着情報   パーマリンク