開催案内:宇宙磁気流体・プラズマシミュレーションサマースクール(8/5-9)


宇宙磁気流体・プラズマシミュレーションサマースクール

スクールについて

日時:
2013年8月5日(月)午後~8月9日(金)
場所:
千葉大学 統合情報センター
主催:
HPCI戦略プログラム分野5「物質と宇宙の起源と構造」
千葉大学ハドロン宇宙国際研究センター
web:
http://www.astro.phys.s.chiba-u.ac.jp/hpci/ss2013

物質の噴出やX線・ガンマ線放射、激しい時間変動などを伴う天体活動現象では、磁場と電離物質、さらに輻射との相互作用が重要な役割を担います。計算科学技術の発達に伴って、計算機を用いた数値シミュレーションがこれらの現象を研究する強力な手段になってきました。

HPCI戦略プログラム分野5「物質と宇宙の起源と構造」宇宙磁気流体シミュレータCANS(Coordinated AstronomicalNumerical Software)に加えて、電磁粒子モデルに基づくプラズマ粒子シミュレータpCANSの開発を支援してきました。昨年度は、これらを教材としたシミュレーション初心者向けのサマースクールを開催しましたが、今年度はすでに宇宙磁気流体・プラズマシミュレーションの経験がある大学院生・研究者を主な対象とするサマースクールを開催いたします。

本スクールでは、アルゴリズム開発・大規模計算・可視化に対して豊富な経験を持つ研究者を講師として迎え、これまで培ったシミュレーション研究のノウハウを5日間で集中的に伝えることにより、受講者の今後のシミュレーション研究を促進することを目指します。

講義内容:
・近似リーマン解法を元にしたMHD数値解法
・スカラチューニング・OpenMPによるコードの高速化
・IDLによる解析と可視化

演習内容:
【コース1】HLL、HLLD法をベースとした1次元MHDコードのスクラッチ開発、MHDコードの多次元化・高精度化。
【コース2】受講者の手持ちのコードに対して、スカラチューニング・OpenMPによるスレッド並列化を行うことにより、期間内にコードを高速化させることを目的とする。
【コース3】IDLによる可視化実習。千葉大で公開しているIDLのライブラリを使って、3次元データの可視化までを行う。

講師・演習担当
・三好隆博(広島大学 HLLD法開発者)
・高橋博之(国立天文台 特殊相対論MHDコード開発)
・簑島 敬 (海洋研究開発機構 MHD・Vlasovコード開発)
・松元亮治(千葉大学 MHDコード開発)
・松本洋介(千葉大学 PICコード開発、大規模計算、IDL)

参加申込み

宇宙磁気流体・プラズマシミュレーションサマースクール ウエブサイトの参加申込フォーム(左メニュー)に必要事項をご入力ください。
締め切りは7月12日(金)です。参加人数が30名に達した時点で締め切らせて頂きますので、ご了承ください。

旅費補助:講師、演習補助者以外の旅費補助は予定していません。

宿泊案内:本サマースクール ウエブ掲載の 宿泊先リスト を御参照の上、各自で御予約ください。

多数のご参加をお待ちしています。

世話人:松元亮治、松本洋介(千葉大学)
連絡先:ss2013[AT]astro.s.chiba-u.ac.jp([AT]は、@に置き換えてください)

カテゴリー: スクール案内, 新着情報   パーマリンク