開催案内:第2回JICFuSセミナー「Recent progress in lattice fermion formulations」(7/17)


JICFuS Seminar on Non-Perturbative Physics 2「Recent progress in lattice fermion formulations」

講師:
三角 樹弘 氏(慶應義塾大学日吉物理学教室)
日時:
7月17日(水)15:00
場所:
名古屋大学 素粒子宇宙起源研究機構 ES総合館6階635
主催:
計算基礎科学連携拠点(JICFuS)、HPCI戦略プログラム分野5「物質と宇宙の起源と構造」
題目:
Recent progress in lattice fermion formulations

要旨:We review the recent progress in lattice fermion discretizations and discuss their application to numerical calculations. We introduce several novel concepts to improve and extend lattice study:
(1) Lattice flavored mass is a generalization of the Wilson term, which yields species-splitting to extract desirable number of flavors both in naive and staggered fermions. It leads to a variety of improved Wilson and overlap fermions, and they can reduce numerical cost in overlap-fermion lattice QCD and lighten the technical difficulty for heavy quark systems.
(2) Central-branch fermion is another way of use of Wilson-type fermions. It possesses exact axial symmetry forbidding additive mass renormalization and does not require fine-tuning in lattice QCD. It could give us a new tool to study many-flavor QCD, including 6-, 10- and 12-flavor systems.
(3) We also look into implication of SUSY lattice formulations on fermion discretizations.
(4) We lastly discuss a totally different aspect of lattice fermions related to the sign problem: numerical Grassmann integral.
All of these ideas reveal unknown aspects of lattice fermions, and leads us to deeper understanding of lattice field theory.

講演は日本語で行われる予定ですが、スライドはなるべく英語で用意していただきます。参加者の要望があれば、英語での講演に切り替わる可能性もあります。

JICFuSセミナーシリーズについて

京都、大阪、名古屋、神戸に在籍する格子QCDなど非摂動物理の研究者が中心となって、2013年5月からJICFuSセミナーシリーズを開催しています。関連する分野のどなたでも参加できます。
本セミナーでは、格子QCDだけでなく、超対称性理論や超弦理論の数値シミュレーションの可能性、物性理論を含む強結合・強相関の理論など、非摂動的物理 全体をテーマとして取り上げます。月1回のペースで、各回、講演1時間+質問1時間とたっぷり時間を取り、活発に議論していきたいと考えています。
開催場所は、京都、大阪、名古屋、神戸の持ち回りです。

なお、このセミナーは、計算基礎科学連携拠点(JICFuS)及び HPCI戦略プログラム分野5「物質と宇宙の起源と構造」のサポートを受けています。

世話人
京都大学   基礎物理学研究所    青木慎也、花田政範
大阪大学   理学部         大野木哲也、深谷英則
名古屋大学  素粒子宇宙起源研究機構 青木保道、山崎剛
理化学研究所 計算科学研究機構    蔵増嘉伸

カテゴリー: 新着情報, 研究会案内   パーマリンク