開催案内:Toward Extra-dimensions on the Lattice (3/13-15)


プログラムを追加しました(3/6)

Toward Extra-dimensions on the Lattice, on the 30th anniversary of Hosotani Mechanism

研究会について

日時:
2013年3月13日(水)~15日(金)
場所:
大阪大学(豊中キャンパス) 大学院理学研究科 理学研究科H棟 7F
主催:
計算基礎科学連携拠点(JICFuS)HPCI戦略プログラム分野5
基盤研究A 「余剰次元、世代起源とLHC物理」、新学術領域研究 「テラスケール物理がもたらす新しい時空像」
web:
http://www-conf.kek.jp/extradim/

研究会主旨:
近年、QCDに対する格子ゲージ理論とシミュレーションの成功を基に、QCD以外のゲージ理論に対する格子ゲージ理論への応用が注目され始めています。
中でも、最近になって、余剰次元模型への応用が発展する兆しがあり、この度、現象論的研究の専門家、格子ゲージ理論の専門家にお集まりいただき、今後余剰次元模型への非摂動論的アプローチとしての格子ゲージ理論の定式化に向けての議論やその応用について考える国際ワークショップを大阪大学にて開催することと致しました。
ご興味のある方は、会議のWebページをご覧の上、お申込みください。参加費は4,000円(学生の方は2,000円)です。

トークの申し込み、参加申し込みは、2013年1月25日(金)までとさせて頂きます。
限られた財源しかありませんが、旅費のサポートが必要な学生の方がいらっしゃいましたら、できるだけサポートしたいと考えております。世話人の伊藤(eitou[at]post.kek.jp)まで直接メールでお問い合わせ下さい。皆様のご参加をお待ちしております。

伊藤悦子
高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所

招待講演者:
P. de Forcrand (Institut für theoretische Physik, ETH Zürich, CERN)
L. Del Debbio (University of Edinburgh)
T. Gherghetta (University of Melbourne)
J. Hetrick (University of the Pacific)
Y. Hosotani (Osaka University)
N. Irges (National Technical University of Athens)
F. Knechtli (Bergische Universität Wuppertal)
C.S. Lim (Kobe University)
N. Maru (Keio University)
K. Oda (Kyoto University)
M. Panero (University of Helsinki, to be confirmed)

世話人:
Guido Cossu(KEK, IPNS)cossu[at]post.kek.jp
幡中久樹(Osaka Univ.)hatanaka[at]het.phys.sci.osaka-u.ac.jp
James E. Hetrick(Univ. of the Pacific)jhetrick[at]pacific.edu
細谷 裕(Osaka Univ.) hosotani[at]phys.sci.osaka-u.ac.jp
野秋淳一(KEK, IPNS)noaki[at]post.kek.jp
伊藤悦子(KEK, IPNS)eitou[at]post.kek.jp

プログラム

13 March (Wed)

10:30- Opening

10:40- 11:30 C.S. Lim Gauge-Higgs unification as physics BSM

11:30- 12:20 Philippe de Forcrand Why extra dimensions on the lattice

14:00- 14:50 Yutaka Hosotani Hosotani mechanism on the lattice and its applications to EW and GUT

14:50- 15:10 Tatsuhiro Misumi Gauge symmetry breaking in the effective QCD models with compacted dimensions

15:10- 15:30 Takeshi Morita New States of Gauge Theories on a Circle.

16:00- 16:50 Etsuko Itou Lattice study on the Hosotani mechanism -adjoint fermion-

16:50- 17:10 Jun Noaki Lattice study on the Hosotani mechanism -fundamental fermion-

14 March (Thu)

10:00- 10:50 Nobuhito Maru Enhancement of diphoton decay and Higgs mass in gauge-Higgs unification

11:10- 12:00 Luigi Del Debbio Light scalars from extra dimensions

12:00- 12:20 Enrico Rinaldi The light scalar spectrum of five-dimensional gauge theories

12:20- 12:40 Eliana Lambrou Hunting a continuum effective five-dimensional field theory via lattice simulations

14:00- 14:50 Nikos Irges Gauge-Higgs Unification on the Lattice: Analytical results

14:50- 15:40 Francesco Knechtli Gauge-Higgs Unification on the Lattice: Monte Carlo Results

16:00- 17:30 Discussion session
– Phenomenological insight for good model.
– How to detect Kaluza-Klein modes.
– Formalism of the lattice fermion in 5D.
– Renormalizability of the gauge theory in 5D.

18:00- 20:00 Dinner

15 March (Fri)

10:00- 10:50 James Hetrick Gauge correlators on the lattice and the Hosotani mechanism

10:50- 11:10 Atsushi Nakamura A few topics in the lattice gauge theory out of the main stream

11:30- 12:20 Kin-ya Oda Cutoff scale physics after Higgs discovery

12:20- 12:40 Takuya Kakuda Phenomenology Universal Extra Dimensions at the LHC and Electroweak precision test

12:40- 13:00 Closing remark
カテゴリー: 新着情報, 研究会案内   パーマリンク