4/1にカードゲーム『クォーク・カード・ディーラー(QCD)』を出展します。


量子色力学カードゲーム 『クォーク・カード・ディーラー(QCD)』を4月1日(日)に出展します。これは、「素粒子カフェ」の一環で行われます。

事前申し込みが必要です。

「素粒子カフェ」 2012年4月1日(日)10:30-17:00

スイートブレンド(初心者向け)13:30~15:00
「キミにも見える素粒子の世界-クォークカードゲーム体験会!!」
ロイヤルブレンド(初級~中級者向け)15:30~17:00
「質量はどのように生まれるのか」 ゲスト:橋本省二(KEK教授)
ブラック(上級者向け)10:30~12:00
「式で見る自発的対称性の破れ」
場所喫茶室ルノアール 新宿3丁目ビッグスビル店(新宿3丁目駅徒歩1分、新宿区新宿2-19-1)

「素粒子カフェ」についてはこちらをご覧ください。

スイートブレンド「キミにも見える素粒子の世界-クォークカードゲーム体験会!!」

日時:4月1日(日)13:30-15:00
主催:計算基礎科学連携拠点
共催:みけねこサイエンスプロジェクト
参加費:無料(飲み物の注文代は別途必要)

目に見えないからこそ何が起こっているか分からない素粒子の世界。そんな素粒子の世界を楽しいカードゲームにしちゃったという事でサイエンスアゴラやKEKの一般公開などで大人気になったカードゲーム「Quark Card Dealer」がついに素粒子カフェに上陸です。!! さぁクォーク組み合わせが色彩豊かな世界を体験してみよう!!

『クォーク・カード・ディーラー(QCD)』についてはこちらをご覧ください。

ロイヤルブレンド「質量はどのように生まれるのか」

ゲストスピーカー 橋本省二(高エネルギー加速器研究機構 理論センター教授、「質量はどのように生まれるのか」著者)
日時:4月1日(日)15:30-17:00
主催:みけねこサイエンスプロジェクト
参加費:1500円(別途飲み物の注文代が必要となります。高校生以下:1000円 大学生1200円の学割あり)

LHC 実験でヒッグス粒子がそろそろ見つかりそうなんだそうです(4月1日にはもう見つかっているかも)。ヒッグス粒子は物質の質量を作るということだけど、ほんとのところどういうことかと言うとなかなか難しい話になります。自発的対称性の破れとか。聞いてきた話を鵜呑みにするのはいやだ、でも専門書を何年もかけて読むのもうんざりだよねえ。そう思われる方はここに来て質問してみてください。この人は「質量はどのように生まれるのか」という本まで書いたらしいです。根掘り葉掘り何でも聞いてみましょう♪

ブラック「式で見る自発的対称性の破れ」

日時:4月1日(日)10:30-12:00
主催:みけねこサイエンスプロジェクト
参加費:2000円(別途飲み物の注文代が必要となります)
対象:基本高校生以上(複素数を理解していることが前提)

一般向けには式を使わないというタブーを越えて、2008年ノーベル物理学賞を紹介にチャレンジ第2段!! 自発的対称性の破れとかいうムズカシイモノに挑戦します。一体全体あれがどんな重要な意味を持つのか? その辺りをする~っとうにゃ~んとでも辛口にご紹介です!! なお複素数が分かる程度の知識を前提でお話を展開する予定です。

カテゴリー: イベント案内, 新着情報   パーマリンク