筑波大で新型スーパーコンピュータ「HA-PACS」が稼働開始


筑波大学計算科学研究センターは、最先端の超並列演算加速器クラスタ型スーパーコンピュータ、密結合並列演算加速機構実証システム「HA- PACS」(Highly Accelerated Parallel Advanced system for Computational Sciences)を平成24年2月1日より稼働開始しました。HA-PACSは、宇宙・素粒子・生命などの研究をけん引する目的で、平成23年度より導入を進めてきました。本システムにより、今後のエクサスケールへの展開を視野に入れたアプリケーション開発と、計算科学による成果獲得を目指します。

カテゴリー: ニュース関連, 新着情報   パーマリンク