研究会開催:多倍長精度計算フォーラム(12/10)


「多倍長精度計算フォーラム」 第2回研究会のご案内

研究会について

日時:
2011年12月10日(土)10:30~17:30(予定)
場所:
工学院大学 新宿校舎 会場:28階 第4会議室
主催:
HPCI戦略プログラム分野5「物質と宇宙の起源と構造」
計算基礎科学連携拠点
工学院大学
KEK計算科学センター

研究会主旨:
多倍長精度計算については、複数のソフトウェアが日本でも開発され、並列計算による高速化が期待されており、アプリケーション開発者との情報交換がより求められる時代になってきています。このような状況のもと、本フォーラムでは、多倍長精度計算ライブラリ開発者、多倍長精度計算を実現するハードウェア開発者およびアプリケーション開発者が一同に会し情報交換や共同作業などを通じて研究活動の促進を行うための人的ネットワークの構築を目指しています。

講演者、プログラムについては下記webページをご覧ください。
http://suchix.kek.jp/mpcomp/

世話人:
加藤 潔(工学院大学):会場世話人
田中 輝雄(工学院大学)
藤原 宏志(京都大学大学院・情報学研究科)
中里 直人(会津大学)
松古 栄夫(KEK・計算科学センター)
石川 正(KEK・計算科学センター)
湯浅 富久子(KEK・計算科学センター):代表世話人

問い合わせ先
高エネルギー加速器研究機構  大石 makiko [at] post.kek.jp

カテゴリー: 新着情報, 研究会案内   パーマリンク