HPCI戦略プログラム分野2×分野5異分野交流研究会 7/26開催


HPCI戦略プログラム分野2×分野5異分野交流研究会-量子系の固有値問題と大規模計算-

日程:2011年7月26日(火)11:00-19:00
場所:筑波大学計算科学研究センター1Fワークショップ室
会費:1,500円(懇親会)

開催趣旨

量子系の構造やダイナミクスに対する大規模計算は、基礎科学・応用科学を問わず、多くの分野で中心的な課題となっています。
HPCI(革新的ハイパフォーマンス・コンピューティングインフラ)戦略プログラム分野2「新物質・エネルギー創成」と分野5「物質と宇宙の起源と構造」では、物質科学分野(分野2)と素・核・宇宙分野(分野5)で物質階層は異なりますが、量子系の計算に類似した方法が用いられ、共通する多くの課題があります。
本研究会は、物質科学分野と素・核・宇宙分野の研究者、そして数理科学の研究者を交え、異分野の研究者がインフォーマルな雰囲気で議論をする機会を設ることを目的としています。
今回は、固有値問題・スペクトル・行列対角化をテーマに取り上げました。今後、様々なテーマを取り上げ継続した取り組みとしていく予定です。

HPCI戦略プログラム分野2、分野5の活動は以下をご覧ください。
分野2「新物質・エネルギー創成」
分野5「物質と宇宙の起源と構造」

世話人:藏増嘉伸(筑波大/AICS)、櫻井鉄也(筑波大)、杉野修(東大物性研)、信定克幸(分子研)、矢花一浩*(筑波大)
*問い合わせ先 yabana [at] nucl.ph.tsukuba.ac.jp([at]を@に変更してください)

プログラム

11:00-11:10 はじめに
11:10-11:50 清水則孝(東大CNS)「原子核理論における大規模殻模型計算」
11:50-12:30 天能精一郎(神戸大システム情報)「相関因子による高精度量子化学計算」
13:30-14:10 金児隆志(KEK)「all-to-allクォークプロパゲータを用いた格子QCDの研究」
14:10-14:50 三宅 隆(産総研)「多体摂動論を用いた物質の電子構造計算」
15:20-16:00 中野博生(兵庫県大物質理学)「量子スピン系の大規模並列数値対角化計算-カゴメ格子反強磁性体の物性解明-」
16:00-16:40 櫻井鉄也(筑波大システム情報)「大規模固有値問題の並列解法とその応用」
16:40-17:10 Discussion
17:30-19:00 懇親会

参加申込

以下の内容を
renkei [at] ccs.tsukuba.ac.jp([at]を@に変更してください)
までお送りください。当日参加も受け付けますが、なるべく事前登録をお願いします。

氏名:
所属:
身分:
E-mail:
電話番号:
懇親会:参加する/しない
旅費:希望する/希望しない
*若干の旅費を用意しています。旅費を希望される方は7月8日(金)までにご連絡下さい。ただし、ご希望に沿えない場合もあります。

カテゴリー: 新着情報, 研究会案内   パーマリンク