反陽子の物理ーLEAP2016


leap1603062016年3月6日(日)~11日(金)に、金沢コンベンションビューローにて、国際会議「12th International conference on Low Energy Antiproton Physics (LEAP2016)」が開催されました。参加者はおよそ100名でした。
この会議では、反陽子を使った物理をメインテーマに据えました。反物質の起源は未だに謎で、実験・理論の両面から探究が行われています。そこで、反陽子をキーワードに、世界中の研究者が一堂に会し、最新の成果について議論が交わされました。今回はその他に、ニュートリノ物理や日本で活発に研究されているハイパー核の最新のデータ(荷電対称性の破れ、グサイハイパー核)についても紹介され、非常に活発な議論がされました。

カテゴリー: 新着情報, 研究会報告   パーマリンク