チャームクォークの未知に迫る―格子QCD大規模シミュレーション


2015.8.1 筑波大学 滑川 裕介 研究員

Namekawa_thumたった1枚のグラフを描くために、スーパーコンピュータをもってしても1年かかる。そんな大変な研究を行う筑波大学計算科学研究センター研究員の滑川裕介(なめかわ・ゆうすけ)さん。「複雑な計算はしているけれど、素粒子の基本法則はシンプルです。論理的にたどっていけば、式は1つ。そこが面白いところです」と語ります。素粒子の一つである「チャームクォーク」に関する知られざる性質を明らかにしようと、日夜シミュレーション研究にいそしんでいます。

» 続きを読む

カテゴリー: ピックアップ, 月刊JICFuS   パーマリンク