科学技術館で頭の体操『QCD』


2015年2月22日(日)に、クォークカードゲーム体験会@科学技術館を開催しました。都心では東京マラソンが開催される中、来場者は244名、科学技術館4階のゲーム会場は家族連れなどで大賑わいでした。

150222kagikan量子色力学カードゲーム『クォーク・カード・ディーラー(QCD)』は、クォークカードを組み合わせ、陽子や中性子などのバリオンカードやメソンカードをゲットしていくカードゲームです。
小学生と未就学児およそ80名を含む133名が『QCD』をプレイし、ご両親など111名にサンプルセットを配布しました。ほとんどはご家族でのプレイとなりましたが、中には低学年の児童2人だけで挑戦するツワモノもいました。やる気満々の男の子から、難しそうとしり込み気味のお母さんまで、みなコンプリートめざして奮闘。ほとんどはコンプリートを成し遂げ、笑顔で会場を後にしました。
アンケートによると、プレイヤーの性別は男68、女62。年齢は未就学児13、小一9、小二9、小三14、小四15、小五9、小六9、大人41(いずれも未回答有)。幅広い方々がゲームを楽しみました。

『クォーク・カード・ディーラー』の印刷用データを公開しています。
http://www.jicfus.jp/jp/promotion/pr/quark-card-dealer/#print

カテゴリー: イベント報告, 新着情報   パーマリンク