ポスト「京」重点課題9 サブ課題B「物質創成史の解明 と物質変換」研究員公募(締切2018/12/31)


国立天文台では、文部科学省が進める「ポスト京で重点的に取り組む べき社会的・科学的課題に関するアプリケーション開発・研究開発」に採択 された重点課題(9)「宇宙の基本法則と進化の解明」の実施機関の1つとして全国の大学等と協力してアプリケーション開発を含む研究開発を推進します。 この公募では、重点課題(9)のサブ課題B「物質創成史の解明と物質変換」 (サブ課題責任者:柴田 大)に従事する研究員を募集します。

1.採用人数
1名
待遇
待遇の詳細は経験と業績を考慮の上、採用時に決定します。
給与は学術振興会PD研究員と同等です。
任期
着任後から2020年3月31日まで。
なお、本公募は表題のプログラムが予定通り実施されることを前提に行うものであり、予算措置状況次第によっては変更がありえますのでご了承ください。
専門分野
宇宙物理学(計算物理学)
ただし、次世代スーパーコンピュータ「ポスト京」を用いた超並列数値計算を実行し、重力崩壊型超新星爆発や中性子星連星合体の解明を目指すプロジェクトに専任し、寄与できる方を求めます。具体的には、ニュートリノ輻射流体計算、高解像度磁気流体計算、数値相対論計算などの研究を遂行する方を求めます。超新星爆発計算や数値相対論の経験がない方でも、大規模数値シミュレーションの経験はあり、本プロジェクトに関する研究を行ってみたいと考える方の応募を歓迎します。
応募資格
博士号取得者または着任時までに取得見込の方
勤務地
国立天文台
着任時期
2019年4月1日以降できるだけ早い時期
2.提出書類
以下の(1)から(6)の書類を電子メールで
takiwaki.tomoya_{AT}_nao.ac.jp
に送ること。メール送信の際には、subjectに「postK-apply」と記入のこと。ただし、(1)から(4)および(6)は一つのpdfファイルにし、(5)は論文ごとにpdfファイルを送るか、またはそのアーカイブ番号を 指定してください。

  (1) 履歴書
  (2) 発表論文リスト(主要論文3点以内に印を付けること)
  (3) 研究歴(研究成果の説明:A4で2枚以内)
  (4) 研究計画および抱負(A4で2枚以内)
  (5) 主要論文((2)で印を付けた論文)
  (6) 着任希望時期
  (7) 本人に関する意見を述べることの出来る方の氏名および連絡先

送付後7日以内に受け取りの連絡がない場合は、問い合わせ先に確認のこと。

9.書類送付先
〒305-0801 茨城県つくば市大穂1-1
大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構
素粒子原子核研究所 橋本省二
封筒の表に「研究員応募書類在中」と朱書きし、郵送(書留)すること。
3.締切
2018年12月31日(月)(必着のこと)
4.決定(予定)時期
2019年1月下旬
5.問い合せ先
滝脇 知也(電話番号 0422-34-3734 直通)
E-mail: takiwaki.tomoya_{AT}_nao.ac.jp
_{AT}_ は@に変えてください。
カテゴリー: 研究員公募, 重点課題⑨   パーマリンク