プレスリリース:宇宙線誕生過程の解明に大きく迫る


宇宙線誕生過程の解明に大きく迫る-スーパーコンピュータ「京」を使った1兆粒子シミュレーションで強い天体衝撃波の3次元構造を世界で初めて解明

千葉大学
東京大学大学院理学系研究科
自然科学研究機構国立天文台
2017年9月25日

千葉大学大学院理学研究院ハドロン宇宙国際研究センター松本洋介特任准教授、東京大学大学院理学系研究科天野孝伸准教授、星野真弘教授、国立天文台天文シミュレーションプロジェクト加藤恒彦専門研究職員の研究グループは、スーパーコンピュータ「京」を使った超大規模数値実験により、超新星爆発等によって発生する強い天体衝撃波の3次元構造を世界で初めて明らかにしました。約1兆個のプラズマ粒子の運動を追跡することで、「冷たいプラズマがどうやって宇宙線のエネルギーまで加速されるのか?」という宇宙線誕生過程の解明に大きく近づくことができたことから、本成果はアメリカ物理学会が発行するPhysical Review Letters誌に掲載されました。

掲載論文
Electron Surfing and Drift Accelerations in a Weibel-Dominated High-Mach-Number Shock
Yosuke Matsumoto, Takanobu Amano, Tsunehiko N. Kato, and Masahiro Hoshino
Phys. Rev. Lett. 119, 105101 – Published 8 September 2017

本研究成果は、理化学研究所のスーパーコンピュータ「京」(課題番号:hp150133, hp150263, hp160212, hp170231)及び国立天文台天文シミュレーションプロジェクトCray XC30「アテルイ」を利用して得られたもので、科学研究費補助金基盤研究(C) 26400266、文部科学省ポスト「京」重点課題9「宇宙の基本法則と進化の解明」および計算基礎科学連携拠点(JICFuS)により援助を受けて行われました。

くわしくは千葉大学のプレスリリースをご覧ください。
http://www.chiba-u.ac.jp/others/topics/general/publicity/press/files/2017/20170925uchu.pdf

カテゴリー: プレスリリース, 新着情報, 重点課題⑨   パーマリンク