ニュートリノ加熱説による超新星爆発のシナリオ

図1:ニュートリノ加熱説による超新星爆発のシナリオ

ニュートリノ加熱説による超新星爆発のシナリオ


図1:ニュートリノ加熱説による超新星爆発のシナリオ
岩上さんが注目してきたのは、(f)から(g)にかけて発生すると考えられている「流体力学的な不安定性」である。一度エネルギーを失った衝撃波が、ニュートリノ加熱によって復活する際に生じる。超新星爆発では、(g1) 衝撃波の内側にある物質がニュートリノ加熱によって運動する「対流」と、(g2)衝撃波が歪んで振動したり回転したりダイナミックに運動する「SASI」という、2種類の「流体力学的な不安定性」が見られる。さらに、ニュートリノ加熱によって駆動される乱流も発達すると考えられている。

提供:岩上わかな

掲載: 爆発するのか、しないのか - 超新星爆発の鍵を握る流体現象とは何か?-

パーマリンクをブックマーク