ゲージ理論と超弦理論

ゲージ理論と超弦理論

ゲージ理論と超弦理論


マルダセナ博士は、ブラックホールのように極端に曲がった時空で起こる現象を、平らな時空上で厳密な数式(ゲージ理論)で表せると提唱した。2次元の平面上に3次元の立体像が浮かび上がることになぞらえ、これを「ホログラム的記述」と呼ぶ。「ブレーン」は弦や点の状態にある粒子の総称。

©:KEK
作成:入江敦子(KEK)
使用したアプリケーション:Adobe Illustrator CS6、Photoshop CS6(Windows7)

掲載: 目指すは究極の理論
-スパコンを使って超弦理論とゲージ理論の等価性を検証する

パーマリンクをブックマーク