1 線形方程式の解法の選択
2 参考文献および参考書の記述
線形方程式, >>> 実非対称/複素非エルミート, >>> 高速性重視 >>> 改良法: >>> QMRCGSTAB(l) 法


概要

参考文献および参考書

原著論文

[25] Charles H. Tong, A family of quasi-minimal residual methods for nonsymmetric linear systems, SIAM Journal on Scientific Computing 1994; 15(1):89–105.

教科書


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-03-15 (木) 22:24:03 (3594d)