数式表示(PukiWiki plugin)の利用例

インライン型 &math();
ブロック型 #math()

インラインでは、こういう「」感じで表示されます。 ブロックでは下のようになります。

・・・(1)

ここまで。

コード例
&math(1+1=2);
#math(2+2=4)

わざと2byte文字を混ぜると、α×β=γ+Δがこういう「」感じになります。つまり表示されません。 TeX記法を使うと下のようになります。

・・・(2)

ここまで。

コード例
&math(α×β=γ+Δ);
#math(\alpha\times\beta=\gamma+\delta)

以下はその他の数式での例です。

・・・(3)

(参考 http://adiary.blog.abk.nu/063 )

コード例
#math(f\:A \ni a \rightarrow b \in B)
・・・(4)

(参考 http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texwiki/?TeX%E5%85%A5%E9%96%80%2F%E7%B0%A1%E5%8D%98%E3%81%AA%E6%95%B0%E5%BC%8F%282%29 ただし1行で# math ( )が完結していないと表示されない)

コード例(実際は途中に改行が無い1行)
#math(\frac{\pi}{2} = \left( \int_{0}^{\infty} \frac{\sin x}{\sqrt{x}}
dx \right)^2 = \sum_{k=0}^{\infty} \frac{(2k)!}{2^{2k}(k!)^2} \frac{1}{2k+1}
= \prod_{k=1}^{\infty} \frac{4k^2}{4k^2 - 1})
・・・(5)

(参考 http://hooktail.org/computer/index.php?%A4%E8%A4%AF%BB%C8%A4%A6%BF%F4%BC%B0 ただし¥bm{}がある場合、¥cdotBとTeX記法の直後にアルファベットが続いている場合は変換失敗となる=¥cdot BならOK)

コード例
#math(A\cdot B=A_xB_x+A_yB_y+A_zB_z)
これはNG #math(A\cdotB=A_xB_x+A_yB_y+A_zB_z)
これもNG #math(\bm{A}\cdot\bm{B}=A_xB_x+A_yB_y+A_zB_z)

そのほかの参考ページ

筆:蓮見2012.02.22


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-02-22 (水) 13:36:55 (3786d)