固有値問題解法の事例

複素回転法による原子核多体共鳴状態の解析

提供: 理化学研究所仁科加速器研究センター 船木靖郎 (JICFuS), 2013年6月17日

共鳴状態を量子力学的に議論する際、共鳴の境界条件を付ける必要があるが、3体系以上の 多体共鳴に対して、正しい共鳴の境界条件は自明でない。そのような多体共鳴に対しても 適用可能な強力な方法に、複素回転法(Complex Scaling Method)がある。 この方法のメリットは、単に

 
(複素回転)
 

の変換を施すことで、正エネルギーの領域に対しても束縛状態同様の扱いで、共鳴パラメータ を決定できる点にある[1,2]。現在では、複素回転法は単に 共鳴パラメータを決定するだけでなく、核反応を含め共鳴状態の関与する様々な物理現象に 適用されその応用範囲を広げている[3]。

複素回転法では、複素回転されたハミルトニアン行列、Hに対し、次の一般化固有値問題を解くことが必要となる。

 
 

ここでHは複素対称(tH=H)、ノルム行列Nは実対称行列(tN=N) 上記一般化固有値問題は、

 
 

の形に変形でき、

 
 

の標準固有値問題の形に帰着できる。この場合、まずNを対角化したうえで行列 H' を作り、 それを対角化するという手順を踏む。

既存のライブラリには、複素対称(密)行列に特化したサブルーチンは含まれていない ことが普通であり、まして数万次元程度の大規模並列計算用のものは皆無である。 今回、複素対称(密)行列に対する標準固有値問題を解き、全ての固有値、 固有ベクトルを求める並列計算用サブルーチンを開発した(PZDIAG)。

参考文献
[1] J. Aguilar and J. M. Combes, Commun. Math. Phys. 22, 269 (1971).
[2] E. Balslev and J. M. Combes, Commun. Math. Phys. 22, 280 (1971).
[3] H. Horiuchi, K. Ikeda and K. Kato, Prog. Theor. Phys. Suppl. No. 192, (Sec.7) (2012), and references therein.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-06-17 (月) 20:55:36 (3305d)